「ツミ」タグアーカイブ

早朝のツミとウグイスと空と花

日曜出勤の朝、いつになく早く目覚めたのでいつものコースを探索し、ツミとウグイスと桜などの花と空を楽しんで出勤した。

ここのところツミが盛んに鳴いているが今日もその姿を見られた。カラスに向かって攻撃を仕掛けるなど営巣の準備をしているのだろうか?その場所はまだ分からない。

冬鳥のシロハラはまだいたがそろそろお別れだろうか。

ウグイスはいつものお気に入りの場所で元気に囀っている。あの体であの声量は凄いですね。

山桜などは散り始めているがヨウキヒ、シロタエなどの八重桜はまだまだ見頃、フゲンゾウはまだ咲きそうにないので5月まで桜を楽しめそうです。

※画像をクリックすると全体を表示します。

コシノヒガンが咲き始めている

四月一日、新年度の始まりにコシノヒガンが咲いているのを見つけた。ヤエベニヒガンやしだれ桜はつぼみがふくらみ始めている。カンザン、フゲンゾウ、ヨウキヒなどはまだまだといった状態だ。自宅近辺の桜はこれから咲き始め、いろいろな品種をGW位まで楽しめそうだ。

そんな中でルリビタキ♂は元気に囀り、コジュケイは静かに食事をし、ツミは可愛い声で鳴き、飛んでいる。春ですね。

冬と春の境目で出会った鳥たち

雲一つなく晴れ渡り、気温は低く手袋が必要だった朝と暖かくなった午後、野鳥を探した。

今朝もツミの声が聞こえ羽の欠けた個体と別個体の飛ぶ姿を見かける。シジュウカラはいつものよう元気に囀り、カワラヒワも木のてっぺんで元気に囀っていた。あちこちにツグミ佇んでいたり、餌を探している姿に出会った。

しばらく出会っていなかったルリビタキ雄にも出会え、ホッとする。ジョウビタキの♂はフレームからはみ出しそうになる距離で囀っている。

午後はハシボソガラスが巣の材料にするのか、地面から木の根を集めていた。大きなコブシの木のある公園ではチョウゲンボウが飛んでいた。

コゲラがカマキリの卵鞘をつついているのには驚いた。

※画像をクリックすると全体を表示します。

強風の晴天下で鳥と花を楽しむ

晴天だが春の嵐のような強風の吹く土曜日の午前中にいつも探索コース+αで鳥と春の花を楽しんだ。

自宅近くではツミの声をよく聞くようになり、その姿もよく見かけるようになったが今朝は雌と幼鳥の二羽に出会う。そろそろ繁殖の季節だろうか。

ジョウビタキには雌雄共に出会えるのだがルリビタキにはしばらく会っていない。タイミングの問題かな?

今シーズンは何度も出会えているマヒワ、だんだんと出会える数が少なくなり、今日は雌雄各一羽ずつしか出会えなかった。懸命にハンノキの種子をついばんでいて人の存在を忘れているかのようだった。

コブシ、ハクモクレンの白い花が咲き始め、桜も徐々に花を咲かせている。カタクリは強風にあおられていたが美しい紫色の花を咲かせていた。

これから更に各種桜が順に咲き始め、色鮮やかな季節がやってくる。

※画像をクリックすると全体を表示します。

落ち葉の下のハンノキの種子を懸命に探すマヒワの様子をビデオに撮ってみました。

自宅近辺の野鳥たち

ツミやジョウビタキの声が聞こえる朝、短い時間で野鳥を探す。

昨日からツミの鳴き声がハッキリと聞こえるようになってきた。一昨年は近くの桜並木で営巣していたがそのとき生まれた子が来たのだろうか?また営巣を見られるといいのだが。

用心深いカワラヒワ、カシラダカが餌をついばんでいた。うちの近くにもいたんですね。

徐々に春の陽気になり鳥たちの活動も少しずつ変わってきたように感じる。そろそろ冬鳥達はいつ帰ろうかと考えているんだろうな、と思ったりする。

※画像をクリックすると全体を表示します。

ツミの鳴いているところの動画です。