「ツミ」タグアーカイブ

冬と春の境目で出会った鳥たち

雲一つなく晴れ渡り、気温は低く手袋が必要だった朝と暖かくなった午後、野鳥を探した。

今朝もツミの声が聞こえ羽の欠けた個体と別個体の飛ぶ姿を見かける。シジュウカラはいつものよう元気に囀り、カワラヒワも木のてっぺんで元気に囀っていた。あちこちにツグミ佇んでいたり、餌を探している姿に出会った。

しばらく出会っていなかったルリビタキ雄にも出会え、ホッとする。ジョウビタキの♂はフレームからはみ出しそうになる距離で囀っている。

午後はハシボソガラスが巣の材料にするのか、地面から木の根を集めていた。大きなコブシの木のある公園ではチョウゲンボウが飛んでいた。

コゲラがカマキリの卵鞘をつついているのには驚いた。

※画像をクリックすると全体を表示します。

強風の晴天下で鳥と花を楽しむ

晴天だが春の嵐のような強風の吹く土曜日の午前中にいつも探索コース+αで鳥と春の花を楽しんだ。

自宅近くではツミの声をよく聞くようになり、その姿もよく見かけるようになったが今朝は雌と幼鳥の二羽に出会う。そろそろ繁殖の季節だろうか。

ジョウビタキには雌雄共に出会えるのだがルリビタキにはしばらく会っていない。タイミングの問題かな?

今シーズンは何度も出会えているマヒワ、だんだんと出会える数が少なくなり、今日は雌雄各一羽ずつしか出会えなかった。懸命にハンノキの種子をついばんでいて人の存在を忘れているかのようだった。

コブシ、ハクモクレンの白い花が咲き始め、桜も徐々に花を咲かせている。カタクリは強風にあおられていたが美しい紫色の花を咲かせていた。

これから更に各種桜が順に咲き始め、色鮮やかな季節がやってくる。

※画像をクリックすると全体を表示します。

落ち葉の下のハンノキの種子を懸命に探すマヒワの様子をビデオに撮ってみました。

自宅近辺の野鳥たち

ツミやジョウビタキの声が聞こえる朝、短い時間で野鳥を探す。

昨日からツミの鳴き声がハッキリと聞こえるようになってきた。一昨年は近くの桜並木で営巣していたがそのとき生まれた子が来たのだろうか?また営巣を見られるといいのだが。

用心深いカワラヒワ、カシラダカが餌をついばんでいた。うちの近くにもいたんですね。

徐々に春の陽気になり鳥たちの活動も少しずつ変わってきたように感じる。そろそろ冬鳥達はいつ帰ろうかと考えているんだろうな、と思ったりする。

※画像をクリックすると全体を表示します。

ツミの鳴いているところの動画です。

今年最初の野鳥探索

初日の出を見終えた後にいつも野鳥探索コースで出会った野鳥たち。

飛んでいると種別の判断に苦しむツミですが止まっていると判別は容易です。また、この時期に出会える青い鳥二種(ルリビタキ、カワセミ)にも出会えました。

今年も沢山の鳥たちに出会えるよう、注意深く観察していこう。

画像をクリックすると全体を表示します。

ヒヨドリに出会わない日はないのであまりにも当たり前にいる鳥になってしまいました。その叫びをどうぞ。

秋らしくなってきました

久しぶりの青空の下、いつもの探索コースと都県境の川沿いコースを探索しました。

大分秋らしくなり、鳥たちの囀りもより大きくなってきたように感じられました。今日はコゲラ、シジュウカラ、エナガ、カワセミ、ヒヨドリ、ヤマガラ、キジ♂、アオサギ、コサギ、ムクドリ、オナガ、ツミ、スズメ、ジョウビタキ♂に出会えた。

いつもの探索コースではじめてキジ♂に出会えたが鳴きもせず、数メートルまで近づいても慌てて逃げなかったのには驚いた。

自宅近くではスズメをほとんど見かけないがほんの少ししか離れていない都県境の川沿いではスズメの群れがいて住みやすい環境があるんだなと思った。ムクドリやオナガの群れもいて鳥たちには住易い場所のようだ。

帰路でジョウビタキの姿を目撃できたがちゃんとした写真を撮れず残念だった。またの機会と言うことですね。ジョウビタキの次はルリビタキかな。

今日もカワセミそしてオナガ

昨日に続き、カワセミに会いにいつもの池へ。その途中でツミ♀(おそらく幼鳥)に出会う。複数羽の鳴き声が聞こえていたがこの時はこの1羽のみがいたが、帰路では2羽を目撃、一羽はハトを追いかけていた。

カワセミのいる池は以前に比べるとここのところは必ず出会えるといった感じでとてもラッキーである。ペアとその子の3羽が活動しているようである。

カラスも盛んに活動しており、よく声が聞こえる。午後はオナガの群れ池の周りで食餌をしながらたわむれていた。こちらはビデオを撮ってみた。

オナガの戯れをビデオで撮影してみた。

ピントが甘く、低速シャッター時の手ぶれが多くまだまだである。

7月にキビタキに出会う

先週聞こえたキビタキの囀り、今週も聞こえました。その姿を追って林の中へ。何とかその姿を捉えることができました。曇天で暗い林の中でしたが何とか撮影できました。まさかキビタキがいるとは思いもしませんでした。ずっと居続けるのかな?自宅近くではツミの雌に出会えました。今年は営巣したかは確認できませんでした。