「カルガモ」タグアーカイブ

シロハラ、ツグミが増えてきたかな?

用事の合間に先週も行った忠生公園に行ってきました。

シロハラとツグミが追いかけっこをしていて数が増えてきたのかな?といった感じで、シメも何とは撮影できましたがまだいるのかいないのかといった感じでしょうか。コジュケイの家族の食事の場面にも出くわしました。曇天だったのがちょっと残念でした。

※画像をクリックすると全体を表示します。

冬鳥はまだまだですね

今日は午後からいつもの探索コース+αで野鳥を探した。ツグミ、シロハラ、シメには出会えず、ほぼいつものメンバー的な鳥たちに出会ったがハシボソガラスがやけに多かった感じがした。

多くの野鳥達の活動は餌を探し、それを懸命に食べるという印象だった。がんばれ、野鳥達。

※画像をクリックすると全体を表示します。

曇天の午前中に出会った野鳥達

急に寒くなり、曇天の今日、50肩のリハビリを終えた後にルリビタキに出会えないかといつもの探索コースに出るがルリビタキには出会えなかった。代わりにシジュウカラ、メジロ、エナガ、カワセミ、ハクセキレイに出会えた。

またツグミやシロハラにも出会えていない。そろそろ会いたいな。

※写真をクリックすると全体を表示します。

台風の爪痕を感じた散策

午後から散策に出たが先日の台風15号の風による爪痕が至る所で目につき、台風の風の強さを改めて思い知らされた。

鳥にはなかなか出会えなかったのが残念。

※画像をクリックすると全体を表示します。

ホトトギスには出会えなかったけれど

久しぶりに長時間の探索を行った。野鳥はホトトギスに出会えないかを期待しながらの探索だったが声はすれど姿を見つけられずという結果だった。飛んでる姿も分からない。いつかは出会いたいものだ。

今年も7月にキビタキに出会えた。この辺がお気に入りなのだろうか。囀りも少し違っていた。アオバズクは洞で眠っている姿をファインダー越しに確認できた。久しぶりに鳥をしっかりと見られた感じだった。

先日のニュースで千葉で大賀の蓮が咲き、イベントをしている映像を見て地元の大賀蓮を見に行ったがまだ蕾で一輪だけ咲いていた。やはり8月ぐらいに開花だろうか。

毎回の探索でいろいろな花が咲いていることに気づくが名前を知らないものが多く、Twitterのフォロワーさんから教えて頂いて名前を知るという状況だ。ありがとうございます。

自然の豊かさを再認識させられた散策だった。もっと花の名前が分かるといいんだが。

※画像をクリックすると全体を表示します。

キビタキの囀りの動画

小春日和の下で野鳥探索

暖かな日差しの下、いつもの野鳥探索コースで野鳥を探した。

シジュウカラやメジロはこの暖かさを楽しむかのように唄い、飛び回っていました。

三シーズン連続で出会っているルリビタキの♂にも出会えました。カワセミのいる池では珍しくダイサギ、コサギが飛来しており、カルガモとのスリーショットを見せてくれました。カシラダカやアオジは周りを警戒しながら地面に落ちている餌をつついていました。

日没間近にウグイスが囀りの練習を始めているのが聞こえてきました。いよいよ春近しという感じです。

※画像をクリックすると全体を表示します。

カシラダカの食餌を動画撮影しました。

今年最初の野鳥探索

初日の出を見終えた後にいつも野鳥探索コースで出会った野鳥たち。

飛んでいると種別の判断に苦しむツミですが止まっていると判別は容易です。また、この時期に出会える青い鳥二種(ルリビタキ、カワセミ)にも出会えました。

今年も沢山の鳥たちに出会えるよう、注意深く観察していこう。

画像をクリックすると全体を表示します。

ヒヨドリに出会わない日はないのであまりにも当たり前にいる鳥になってしまいました。その叫びをどうぞ。