「カルガモ」タグアーカイブ

曇天下で出会った野鳥

曇天下で地元野鳥の会の探鳥会に参加してきました。出会えたのカルガモ、チョウゲンボウ、キジバト、カワセミ、アオゲラ、コゲラ、キセキレイ、ビンズイ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、シジュウカラ、メジロ、アオジ、ムクドリ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス達でした。

冬鳥はいるにはいますが少ないですね。ルリビタキにはほとんど出会えていないのが残念です。会えるのも後一月くらいでしょうか、速いものです。

写真を撮れた鳥たちをどうぞ。ジョウビタキ♀は自宅前で撮りました。

食事する鳥たち

午前はいつもの探索コース、午後は長池公園、大栗川で鳥を探しました。

今日は食事する鳥たちの姿を沢山見かけることが出来ました。日没後の暗くなった大栗川ではコガモが二十数羽懸命に食事をしているのが印象的でした。厳しい冬を生き抜いてくれればと思います。

※画像をクリックすると全体を表示します。

シロハラ、ツグミが増えてきたかな?

用事の合間に先週も行った忠生公園に行ってきました。

シロハラとツグミが追いかけっこをしていて数が増えてきたのかな?といった感じで、シメも何とは撮影できましたがまだいるのかいないのかといった感じでしょうか。コジュケイの家族の食事の場面にも出くわしました。曇天だったのがちょっと残念でした。

※画像をクリックすると全体を表示します。

冬鳥はまだまだですね

今日は午後からいつもの探索コース+αで野鳥を探した。ツグミ、シロハラ、シメには出会えず、ほぼいつものメンバー的な鳥たちに出会ったがハシボソガラスがやけに多かった感じがした。

多くの野鳥達の活動は餌を探し、それを懸命に食べるという印象だった。がんばれ、野鳥達。

※画像をクリックすると全体を表示します。

曇天の午前中に出会った野鳥達

急に寒くなり、曇天の今日、50肩のリハビリを終えた後にルリビタキに出会えないかといつもの探索コースに出るがルリビタキには出会えなかった。代わりにシジュウカラ、メジロ、エナガ、カワセミ、ハクセキレイに出会えた。

またツグミやシロハラにも出会えていない。そろそろ会いたいな。

※写真をクリックすると全体を表示します。