「エナガ」タグアーカイブ

今日も一人探鳥会

今日は都立公園で一人探鳥会。途中で野鳥撮影に来ている方と一緒に撮影したりしました。ここでもウソに出会え、一瞬だけでしたがアオバトを目撃、まさか都内で出会えるとは思ってもいなかったゴジュウカラをじっくりと観察できました。キクイタダキもじっくり観察したいところです。沢山の鳥で会えましたが珍しくジョウビタキに出会えませんでした。

出会えたのはコジュケイ、キジバト、アオバト、アオゲラ、コゲラ、ヒヨドリ、モズ、ルリビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、キクイタダキ、エナガ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、メジロ、アオジ、ウソ、ムクドリ、ガビチョウ、ソウシチョウといった野鳥達。

自宅近辺でもじっくりと探索してみよう。

※写真をクリックすると全体を表示します。

可愛いルリビタキ♀に出会えた

代休を取った今日、短い時間でしたがいつもの探索コースで野鳥を探しました。

出会えたのはキジバト、コゲラ、ヒヨドリ、ルリビタキ♀、ジョウビタキ♀、シロハラ、ツグミ、ウグイス、キクイタダキ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ハシボソガラス、ソウシチョウの15種。

ルリビタキの雌が写真を撮ってと言わんばかりに目の前に現れてくれました。ジョウビタキの雌と同様のかわいらしさにまいりました。

聞き慣れない声の主を探したらキクイタダキでした。流石に日本最小の鳥、見つけるのも撮るのも大変でした。もっとはっきりと頭頂部の黄色い羽を見てみたいですね。

最近はガビチョウに出会うことが少なくなった代わりにソウシチョウの群れによく出会います。

※画像をクリックすると全体を表示します。

柿はご馳走

今日は自宅近辺のいつものコースで野鳥を探した。少しずつ気温が下がって冬らしくなってきました。

出会えたのはコジュケイ、バン、キジバト、カワセミ、アカゲラ、コゲラ、ヒヨドリ、モズ、ルリビタキ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、シジュウカラ、メジロ、アオジ、シメ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ソウシチョウ、ガビチョウの23種。

メジロとシロハラが柿の実を懸命に突いて食べていた。美味しくて贅沢な食事なんでしょうね。

また、ようやくルリビタキ♀に出会えました。雄にはいつ出会えるだろうか?

※画像をクリックすると全体を表示します。

ウグイス、地味に存在をアピール

地元の野鳥の会の定例の探鳥会の公園で野鳥探索。

この時期、茂みからはウグイスの「ジィッ、ジィッ」という声がよく聞こえてくるがなかなか姿を現してくれない。今日は運良く姿を捉えることができた。

ウグイス以外に出会えたのはキジバト、アオゲラ、コゲラ、キセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ルリビタキ、ジョウビタキ、キクイタダキ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、アオジ、ハシボソガラス、ソウシチョウの16種。

キクイタダキは確認するのが精一杯の短い時間しか出会えず、もっとじっくり観察したかった。

最近ソウシチョウの声をよく聞くようになり、時々姿を目にする。

ルリビタキは声を聞いたのみ、早く姿を見たい。

※画像をクリックすると全体を表示します。

雨中の野鳥探索

三連休初日は生憎の雨、部屋の片付けをと思ったが傘を差し、いつもの探索コースで野鳥を探した。出会えたのはコサギ、カルガモ、コガモ、キジバト、コゲラ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、ツグミ、ウグイス、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、スズメ、ハシボソガラス、ソウシチョウの17種。声だけしか確認できなかった鳥もいたが意外と多くの鳥に出会えた。

そろそろルリビタキに出会えるかと思っていたがまだ出会えず。まだ渡ってきていないのかな?

※画像をクリックすると全体を表示します。

オジロビタキに出会えた

秋らしい気候になった代休の今日、いつものコースにジョウビタキなどの冬鳥が来ていないか探してみた。

ヒヨドリ、コゲラ、エナガ、シジュウカラなどいつものメンバーには出会えたがジョウビタキはまだ来ていないようだ。

そんな中、昨年もこの時期に出会えたオジロビタキに出会えた。なかなかその姿をはっきりとは見せてくれなかったが間違いないと思われます。

今月下旬にはジョウビタキに出会えるかな?

※画像をクリックすると全体を表示します。

親鳥は子育てに大忙し

地元野鳥の会の探鳥会に寝坊していきそびれたのでいつものコースで野鳥を探しました。

出会えたり確認できた野鳥はコジュケイ、キジバト、アオゲラ、コゲラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、センダイムシクイ、キビタキ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、スズメ、ムクドリ、オナガ、ガビチョウの16種でした。

昨日今日とこれまで緑道で出会うことのなかったスズメが目立っていました。餌がないのかな?

キビタキは声のみでその姿は見つけられませんでした。センダイムシクイは何とか姿を捉えられました。

鳥たちの様子を見ていると子どもに与える餌の虫を咥えている姿をよく目にしました。コゲラは咥えきれないくらいに虫を捕まえていました。シジュウカラは餌をくわえながら辺りの様子をうかがって石垣の巣穴に入っていきました。エナガは巣立った幼鳥と一緒に飛び回りとても賑やかでじゃれ合っている(ケンカ?)している姿も見られました。巣立った幼鳥たちが無事に成長することを祈ります。

※画像をクリックすると全体を表示します。