アオバズクの親子

アオバズクの親子に会ってきました。有名な場所ですが到着したとにはカメラマンは二人しかおらず、気楽にアオバズクを楽しめました。以前出会ったときとは違って見つけづらい枝に留まっていました。私と同じように自転車で来ていた方にその場所を教えて頂きました。

母親と思われる成鳥と同じ枝に3羽、その斜め上のだに1羽の計4羽の幼鳥が留まっていました。枝葉の間からしか見えないのでフレームにすべてを収めずらかったですね。父親と思われる成鳥は母子から少し離れた上側の更に見づらい枝に留まっていて、私一人になってしばらくしてからその姿を現してくれました。

見づらい場所に留まっているのは人目を避けるためなのかな?多くのカメラマンの砲列にさらされウンザリしているのかも知れませんね。ありがとう!

※写真をクリックすると全体を表示します。