賑やかなカワセミ

少し肌寒く、風の強い中、いつもの探索コースで野鳥を探す。緑道では風のせいか、とに出会えなかったがいつもの池でアオサギとカワセミに出会えた。先日と違って盛んに囀りながら追いかけっこをして飛び回っていた。最後はカワセミが4羽に。同時に4羽は初めてだった。

いつもよりカワセミに接近して撮影できた。一脚を持って行ったのが正解だったかな。気配を消す仕組みがあればもっといいんでしょうが。

猛禽デー!!

少しずつ秋らしくなってきましたがまだ汗ばむ陽気ですね。今日はいつもの探索コース以外の冬にアカゲラやキジに出会った場所に足を伸ばしました。

途中、モズの地鳴きが聞こえ、その姿を久しぶりに見ました。これから多く出会うことになるでしょう。あまり鳥に出会わないなぁと思っていると栗軒に止まる猛禽に出会い、その後、サシバ、ノスリに出会いました。サシバは最初1羽でしたが上空で2羽と合流し、東へ飛び去ってしまいました。ノスリは撮ってくれと言わんばかりの距離で飛んでくれました。

猛禽類の見分け方、難しいですね。図鑑と撮影した写真を見比べないとまだまだ区別できません。

今日は猛禽デーでした。

静かなカワセミ

記録的な猛暑から朝夕が少しずつ涼しくなり、シジュウカラやエナガのさえずりが聞こえるようになりました。そんな中、カワセミに会いにいつもの池に行ってきました。出てくるの待っていたのですがなかなか囀りも聞こえず、あきらめて帰ろうと思った時、静かにジッとしている姿を見つけました。飛び回ることなく、ずっとジッとしていました。

光、影、陰の関係で移り具合が変わってしまいますね。写真の難しさを再認識させられました。