「ルリビタキ」タグアーカイブ

鳥の少なかった早戸川林道

代休を利用して宮ヶ瀬の早戸川林道へ行ってきました。これまでに比べ鳥の気配が少なく、観察や撮影に来ている人が多かったという印象でした。

ベニマシコが来ているとビジターセンターのHPに出ていたので期待していたのですが残念ながら出会えませんでした。タイミングが悪かったようです。またの機会に出会えることを期待しましょう。

代わりにルリビタキの雌に出会えました。まだまだ人前に姿をさらすことはなく茂みに隠れて鳴いていました。

親水池のオオバンの数の多さに驚きました。こんなに沢山のオオバンは初めて見ました。また、上空に集結した50羽程度のトビにも驚かされました。何か意味があるのでしょうか?

今日出会えたのはカワラヒワ、カワウ、エナガ、オシドリ、マガモ、カルガモ、アオゲラ、コゲラ、アオサギ、ヤマガラ、シジュウカラ、トビ、ルリビタキ、ジョウビタキ、ヒヨドリ、ホオジロ、アオジ、メジロ、モズ、ガビチョウ、カイツブリ、ヒドリガモ、オオバン、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイの26種でした。

大地沢、城山湖で野鳥探索

今日も野鳥探索、町田市と相模原市の境目にある大地沢と城山湖に行ってきました。

流石に寒く、大地沢の気温は-1.5℃でした。ミソサザイに会えるかなと思っていましたが残念ながら出会えませんでした。いつかその姿をしっかりと写真に収めたいところです。キクイタダキは遙かな樹上におりスコープ越しにその姿を何とか見られました。

出会えたのはアオサギ、ウグイス、ウソ、オナガガモ、キクイタダキ、キセキレイ、コゲラ、ジョウビタキ、シジュウカラ、ジョウビタキ、シロハラ、ソウシチョウ(たぶん)、ツグミ、トビ、ノスリ、ヒガラ、ヒヨドリ、ホオジロ、メジロ、モズ、ヤマガラ、ルリビタキの22種。

※画像をクリックすると全体を表示します。

浜離宮恩賜公園の野鳥達

浜離宮恩賜公園の放鷹術を見たあと、公園内で野鳥を探しました。

出会えたのはシメ、ウグイス、カワウ、ユリカモメ、ウミネコ、マガモ、カルガモ、コガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コゲラ、オオバン、アオサギ、ヤマガラ、シジュウカラ、ハクセキレイ、トビ、ルリビタキ、シロハラ、ツグミ、オオアカハラ、スズメ、キジバト、ヒヨドリ、アオジ、ムクドリ、メジロ、ドバトの33種と多くの鳥たちに出会えました。水鳥以外は自分の探索エリアにいる鳥たちでしたが山野では普通に出会えるメジロ、シジュウカラ、コゲラは注意を払っていないと見つけられないくらいの数でした。ガビチョウ、ソウシチョウは声も聞こえませんでした。まだ勢力圏外と言うことでしょうか。

見慣れていない水鳥はその場で名前が出てきませんでした。

鳥見三昧の年末年始を過ごしています。

※画像をクリックすると全体を表示します。

元旦の鳥見

2013年、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

元旦早々、野鳥を探しにいつもの探索コースと都立公園へ出かけました。出会えたのはまとめてアオゲラ、アオサギ、アオジ、アオバト、アカゲラ(ドラミングのみ)、ウグイス、ウソ(声のみ)、エナガ、ガビチョウ、カケス、カワラヒワ、キクイタダキ、キジバト、キセキレイ、コゲラ、コジュケイ、シジュウカラ、シメ、シロハラ、ソウシチョウ、ツグミ、ハクセキレイ、ハシボソガラス、ヒガラ、ヒヨドリ、マヒワ、メジロ、モズ、ヤマガラ、ルリビタキ、ソウシチョウの32種。

キクイタダキやヒガラによく出会えるが動きが素早く、それを追うので一苦労です。久々のカケスの青い羽根に見とれてしまいました。

アオバトに二日連続して出会う。常緑樹の枝の中に姿を隠し、なかなかはっきりと姿を見られないのが残念。

ツグミは飛んでいる姿を見ることが多く、地表での独特の姿は見受けられない。

※画像をクリックすると全体を表示します。

今日も一人探鳥会

今日は都立公園で一人探鳥会。途中で野鳥撮影に来ている方と一緒に撮影したりしました。ここでもウソに出会え、一瞬だけでしたがアオバトを目撃、まさか都内で出会えるとは思ってもいなかったゴジュウカラをじっくりと観察できました。キクイタダキもじっくり観察したいところです。沢山の鳥で会えましたが珍しくジョウビタキに出会えませんでした。

出会えたのはコジュケイ、キジバト、アオバト、アオゲラ、コゲラ、ヒヨドリ、モズ、ルリビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、キクイタダキ、エナガ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、メジロ、アオジ、ウソ、ムクドリ、ガビチョウ、ソウシチョウといった野鳥達。

自宅近辺でもじっくりと探索してみよう。

※写真をクリックすると全体を表示します。

一人探鳥会

クリスマスの今日、お休みを取り宮が瀬ダムの早戸川林道で一人探鳥会を開催してきました。雪は流石にありませんでしたが水たまりは凍っていて立派な霜柱もありました。

今回の探索はゆっくり、じっくりと鳥の声が聞こえないか、動く物がないかを確認したからでしょうか、30種を超える鳥たちに出会えました。出会えたのはカワウ、アオサギ、マガモ、カルガモ、ミサゴ、トビ、オオタカ、ノスリ、サシバクマタカ、アオゲラ、アカゲラ、コゲラ、キセキレイ、ヒヨドリ、ミソサザイ、ルリビタキ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、キクイタダキ、コガラ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、マヒワ、ベニマシコ、ウソ、ガビチョウ、カヤクグリこんなに出会えたのは初めてかもしれません。コガラ、カヤクグリと初めての鳥にもに出会えました。

ミソサザイとキクイタダキは目撃できた程度なのでもっとしっかりとその姿を見てみたいものです。

※画像をクリックすると全体を表示します。

可愛いルリビタキ♀に出会えた

代休を取った今日、短い時間でしたがいつもの探索コースで野鳥を探しました。

出会えたのはキジバト、コゲラ、ヒヨドリ、ルリビタキ♀、ジョウビタキ♀、シロハラ、ツグミ、ウグイス、キクイタダキ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ハシボソガラス、ソウシチョウの15種。

ルリビタキの雌が写真を撮ってと言わんばかりに目の前に現れてくれました。ジョウビタキの雌と同様のかわいらしさにまいりました。

聞き慣れない声の主を探したらキクイタダキでした。流石に日本最小の鳥、見つけるのも撮るのも大変でした。もっとはっきりと頭頂部の黄色い羽を見てみたいですね。

最近はガビチョウに出会うことが少なくなった代わりにソウシチョウの群れによく出会います。

※画像をクリックすると全体を表示します。