「ハシボソガラス」タグアーカイブ

久し振りの長時間探索

代休を取った雨の翌日の月曜日、久し振りに自分の探索エリアを長時間歩き回って鳥,昆虫、花、空を楽しみました。

至る所でモズの高鳴きが聞こえ、その姿を見かけました。今シーズン初のジョウビタキ♂にも出会え、いよいよ冬鳥に出会える時期になってきました。

今シーズンはどんな状況になるのか楽しみです。今シーズンはルリビタキに沢山で会えるといいなぁ。

出会えたり、その声を聞けた野鳥はエナガ、カルガモ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、アオゲラ、コゲラ、アオサギ、シジュウカラ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、スズメ、キジバト、ヒヨドリ、ホオジロ、ムクドリ、メジロ、モズ、ガビチョウの20種。

※画像をクリックすると全体を表示します。

今日は静かなキビタキ

昨日はキビタキの声が探索コースのあちこちから聞こえていましたが気温が少し下がったせいでしょうか、今日はとても静かでした。会えないかなと思っていましたが声を出さずに姿を現してくれて何とか撮影もできました。

今日出会ったり、確認できたのはコジュケ、シジュウカラ、ウグイス、コゲラ、キジバト、ヒヨドリ、メジロ、オナガ、ツバメ、アカハラ、ビンズイ、キビタキ♂、アオジ、スズメ、カワラヒワ、ハクセキレイ、ドバト、ムクドリ、バン、アオゲラの20種でした。

林に入ってキビタキなどの登場を待っていたりしたので午前中の二時間程度では探索コースをすべてを回りきれず、午後から残りのコースを回りました。

林の中では鳥の声が沢山聞こえてきますがキビタキではないと思っていた声が実はキビタキのものだったりとすべてを聞き分けられないのが残念です。もっと聞き分けられるようにならなければ。

※画像をクリックすると全体を表示します。

4月1日の野鳥達

今日から新年度、少し寒い朝から夕方まで尾根沿いの探索エリア、里山の探索エリアで野鳥を追った。1日を通して出会えたのは次の33種、春を唄う鳥や懸命に餌をとる鳥などさまざまでした。初めてクイナに出会えてちょっと興奮しました。

ツミ♂♀、メジロ、ウグイス、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ツグミ、コゲラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、キジバト、ヤマガラ、シロハラ、コジュケイ、ムクドリ、モズ、カワラヒワ、エナガ、ルリビタキ♀、アオゲラ、カルガモ、ドバト、ガビチョウ、スズメ、アオジ、ハクセキレイ、ツバメ、バン、アオサギ 、クイナ、ホオジロ、セグロセキレイ、オオタカ、キジ

※画像をクリックすると全体を表示します。

風の強い日曜に出会った野鳥達

風が強く、寒い一日でした。ようやく沢山のツグミに出会えましたがまだ木の高い枝の上に留まっていましたね。雪が降るのも遅かったのも影響しているのかな。しかし、自分の探索エリアでシメに出会えませんね。ルリビタキも最近、出会えてませんね。これから会えることを祈りたい。
※画像をクリックすると全体を表示します。

探鳥会に初参加

午前中は町田野鳥の会の探鳥会で忠生公園を、午後は一人探鳥会で自分のエリアを探索した。

初めて探鳥会、最初はちょっと緊張しましたが始まれば鳥を追って楽しい時間を共有できました。複数人での探鳥、流石に目が多いので一人よりも鳥を見付ける効率が高いですね。ヒタキ類には出会えなかったが今シーズン初のシメを見られたり、シロハラ、ツグミにも出会え全部で25種の鳥に出会えました。

午後は一人で機能とは違ったエリアを探索しましたがアオゲラの食事を間近に観察できましたがそれ以外に出会えた鳥は少なかったのが残念でした。

※画像をクリックすると全体を表示します。

 

冬鳥はまだまだですね

今日は午後からいつもの探索コース+αで野鳥を探した。ツグミ、シロハラ、シメには出会えず、ほぼいつものメンバー的な鳥たちに出会ったがハシボソガラスがやけに多かった感じがした。

多くの野鳥達の活動は餌を探し、それを懸命に食べるという印象だった。がんばれ、野鳥達。

※画像をクリックすると全体を表示します。

やはり鳥が少ない

午前中はいつもの探索コースを回るも鳥は少なく、シジュウカラ、コゲラ、エナガ、ヒヨドリ、ハシボソガラスぐらい。ツグミの仲間には全く会えず。それならばと午後は多摩川へ遠征するもこちらも鳥は少なくトビ、アオサギ 、コサギ 、ダイサギ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、タヒバリ、カワウ、カイツブリ、イソシギ?、モズ、ウグイスに出会える。皆、どこへ行ったんでしょう?

※画像をクリックすると全体を表示します。