「トラツグミ」タグアーカイブ

迷鳥ウタツグミに出会う

自宅から40分程度の所にある公園に飛来した迷鳥ウタツグミに会いに行ってきました。最初は出現場所が分からず、まず松林でビンズイ、トラツグミに出迎えてもらいました。複数羽のビンズイをしっかりと見たのは初めてでした。

公園内を歩いていくとやがて人だかりを見つけ、ウタツグミに出会えました。噂通りのカメラマンの人数に驚きました。自分のその中の一人ですが(^_^)。双眼鏡を持っている人は少なかったですね。

最初は遠く離れていましたウタツグミでしたが次第に人間側に近づいてきてはっきりとその姿を捉えることが出来ました。ビンズイと似たような胸の模様、薄い背中の羽根が特徴的でした。鳴き声を聞けなかったのが残念です。

何らかの原因で迷鳥になったあと、元の土地に戻れるのかが心配です。無事に戻れるといいですね。

出会えたのはウタツグミ、カワウ、エナガ、コゲラ、シジュウカラ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、トビ、キジバト、トラツグミ、アカハラ、ツグミ、ヒヨドリ、ムクドリ、メジロ、モズの18種。もっと探せば出会えたのかもしれませんが寒さに負けました。

動画も撮ってみました。

いつもと違う場所で野鳥を探す

今日もいつもと違う場所で野鳥を探しました。最初は隣の県の街中の公園、トラツグミに出会えるとは思いませんでした。次は八王子市内の二つの公園。最初の公園は予想に反してほとんど鳥に出会えず、時間帯が悪かったのかな?二つ目は先日ヤマシギに出会った公園へ。初めてのクロジに出会えた。

※画像をクリックすると全体を表示します。

初めての場所で初めてのヤマシギに出会う

いつもの探索コース、小山田緑地と初めての場所(公園)の三カ所で野鳥を探した。初めての場所で初めてヤマシギに出会った。最初はトラツグミかと思ったがレンズを向け、ファインダーに映った姿は嘴が長かった。近くでは懸命に落ち葉をひっくり返すシロハラが目立っていたがヤマシギは静かに餌を探していた。ちょっと憎めない奴って風貌でした。また、ここではウソ♂♀にも出会えた。こちらは可愛らしい声で囀りながら餌の種子を食べていた。

今日探索した三カ所全てでトラツグミに出会えるという幸運にも恵まれた。今年はトラツグミに出会うことが多い。

ほぼ一年ぶりの宮ヶ瀬、早戸川林道で野鳥を探す

いつものコースで野鳥を探すつもりだったが急遽、宮ヶ瀬へ行くことに変更した。流石に寒く、林道のカーブの所々には凍結した雪が残っていた。土曜と言うこともあり、私以外にも野鳥探索に来ている人が10組ほどいてご夫婦かなというペアの方が半数ぐらいだった。共通の趣味、いいですね。

さて、大きな目的の一つのヤマセミには残念ながら出会えなかったが初めてのマヒワ、一年ぶりのウソやベニマシコに出会えたりと十分満喫できた。多くの鳥たちが植物の種子を懸命に食べ、厳しい冬を乗り越えようとしているのが感じられた。

※加増をクリックすると全体が表示されます。

トラツグミとカケス

風もなく穏やかに晴れた土曜の午前中、カワセミのいる池のそばでトラツグミとカケスの食餌の場面に出会った。

落ち葉をひっくり返す音がするのでツグミがいるのかなとその姿を探すと何とトラツグミでした。5mぐらいまでに近づいても懸命に落ち葉をひっくり返していました。体を微かに上下させる姿が印象的でした。そのそばでカケスが隠しておいた木の実を食べに来ていました。カケスがいつもと違った声でも囀っていました。じっくり観察した後、コゲラなどの常連の鳥たちに出会えました。

身近な野鳥たち

小春日和を思わせる陽気の中、午前中はいつもの探索コースへ、午後からは昨日の猛禽たちとタヌキに出会えないかと同じコースへ出かける。残念ながら身近な野鳥たちに出会えたのみだった。欲張ってはいけませんね。

シジュウカラ、エナガ、コゲラ、モズといった身近な野鳥達と冬鳥のジョウビタキ♂♀、ルリビタキ♀、シロハラ、ツグミなどに出会えました。

※画像をクリックすると全体を表示します。

アオゲラの食餌など

午後からの野鳥探索、あまり収獲はなかったがアオゲラの食餌の場面に遭遇できた。巧に木をつつき、開けた穴に嘴を差し込み、舌で虫を捕って食べているようです。

画像をクリックすると画像の全体が表示されます。

アオゲラの食餌の様子の動画です。