「ツバメ」タグアーカイブ

チョウゲンボウに感動し、多摩川で春を感じる

今日は足を伸ばして午前中にチョウゲンボウに会いに有名な場所へ、午後は多摩川へ出かけ、鳥と春を満喫した。

チョウゲンボウに会いに出かけた場所はとても有名で私が到着した時には10名ほどのカメラマンがいてチョウゲンボウを撮影していた。

しばらく撮影していると雌が鳴き始め、そこに雄が飛来し交尾が始まった。その後は木の上でジッとしていたり、上空を飛んだりしていた後、もう一度交尾の場面を目撃した。チョウゲンボウ撮影の合間にメジロ、オオアカハラ(たぶん)、ジョウビタキ♀、アオジ、ムクドリ、オナガ、シメなどにも出会えた。

野鳥の交尾を初めて見ました。新たな命が授かり、大空を羽ばたく日が来るといいですね。

チョウゲンボウを堪能した後は多摩川へ行き、暖かな日差しの物と鳥を探した。ハクセキレイが多く、春を唄いながら飛び交っていました。聞き慣れない声の主を捜すもなかなか見つからず、見つけた鳥も名前が分からずといった状態でした。

ツバメも飛び始め、季節の移り変わりを感じ、ヒバリの歌を聴きながら多摩川を後にしました。

※画像をクリックすると全体を表示します。

チョウゲンボウの交尾をビデオで偶然撮影出来ました。

蒸し暑い中を野鳥探索

梅雨入りした東京、今日も雨かなと思っていたら降らず、晴れ間がのぞいたりしていました。午後から蒸し暑い中を短い時間ですが野鳥を探しました。

出会えたのはエナガ、ヒヨドリ、カワセミ♀、コゲラ、ツバメ、キセキレイ、カルガモ、アオサギ、スズメなどでした。桜のみをついばむコゲラの姿は真剣そのものでした。今週もアオバズクに出会えるかと思ったのですが、出会えませんでした。残念。

緑道、里山、川辺へ、キジを満喫する

今日は一日春らしい陽気でした。久々に自転車で野鳥探索へ出かける。昨日であったキビタキやオオルリとの再会を期待したが叶わず、林は静かでした。全般に鳥は少なく、自転車で走っている時間の方が長かった気もするがいい気持ちでした。そんな中、今日はキジを満喫しました。以前であったであろう個体を一時間、じっくり観察・撮影できました。足を伸ばした南大沢(遣水)でもキジに出会えました。こちらは都が開発してからずっと空き地で適度に草木が生い茂り、人も立ち入れないとあってキジの楽園のようです。10年ほど前にも目撃していましたが今日確認できただけでも雄が5羽はいました。おそらくもっといるのでしょう、頻繁に鳴き声が聞こえました。キジ以外にはオナガ、ムクドリ、ハシボソガラス、ツバメ、トビ、モズ♂♀、カワラヒワ、メジロ、ホオジロ、ツグミ、スズメ、コガモ♂♀、ハクセキレイ、セグロセキレイに出会う。

春になりましたね、鳥も活発に活動中

上着がいらないくらいの良い陽気になりました。そんな中、いつものコースで野鳥を探しました。出会えたのはツミ♂♀、ヒヨドリ、シジュウカラ、カワセミ♂♀、アオゲラ、アオサギ、シメ、ツバメ、ツグミ、コゲラでした。出会える野鳥が少なくなったように感じます。また、繁殖の季節を迎えているのでしょう、皆、盛んにさえずっています。

春近し、しかし寒かった。そんな中、野鳥を追う

明後日から4月だというのに霜が降りるほどの寒さの朝でした。天気は晴天で風が冷たかった中いつものコースと忠生公園で野鳥を追った。

出会えたのジョウビタキ♀、コゲラ、シジュウカラ、エナガ、カルガモ、コガモ、バン、コゲラ、アオゲラ、コサギ、アオサギ、シメ、ツグミ、ツバメ、ヒヨドリでした。

自宅前の畑にいたジョウビタキはもう帰ってしまったのかと思ったらまだいたようです。今日は都合3羽のジョウビタキ♀に出会えました。