「シメ」タグアーカイブ

今シーズン初のシメ

調布市の神代植物公園に行ってきました。基本は薔薇などの花を見に行ったのですが鳥も気になるので花を見つつ、空にも気を配っていました。そんな中、見慣れぬ鳥の飛ぶ姿をじっと追いかけ、木に留まったところで双眼鏡で見てみるとシメでした。もう出会えるとは思ってもいませんでした。昨シーズンはほとんどで会っていなかったので林の中にもいて久しぶりに聞く鳴き声に、「そうそう、シメってこんな声で鳴いていたなぁ。」と記憶の糸をつなぎ合わせていました。町田の自宅近辺にも来ていてくれるといいなぁ。

※画像をクリックすると全体を表示します。

シロハラ、ツグミが増えてきたかな?

用事の合間に先週も行った忠生公園に行ってきました。

シロハラとツグミが追いかけっこをしていて数が増えてきたのかな?といった感じで、シメも何とは撮影できましたがまだいるのかいないのかといった感じでしょうか。コジュケイの家族の食事の場面にも出くわしました。曇天だったのがちょっと残念でした。

※画像をクリックすると全体を表示します。

今年もキビタキに出会えた

今年もキビタキに出会えました。しっかりとした写真は撮れなかったけれどその美しい声を堪能できました。次回はその姿をしっかりと撮れればと思っています。オオルリには出会えなかったの残念でした。私の探索コースには長居してくれないので今年は出会えずじまいかも知れません。

カラフルで小さな蛇、ジムグリにも出会えました。初めて出会ったような気がします。いろいろな生き物が活発に活動を始め、春から初夏に向かっているのを感じられます。木々の花も散り始め、緑が一層輝いています。

キビタキ、ウグイス、センダイムシクイの囀りを録音してみました。

※画像をクリックすると全体を表示します。

 

春の彩りを楽しむ

風の強い朝でしたが暖かな日差しの中、いつものコースで野鳥と春の花々を楽しみました。

どれ位冬鳥に会えるか注意深く見てみましたがジョウビタキ、ルリビタキはもう旅立ってしまったようです。ツグミはまだ沢山いてもうしばらくはいそうな感じでした。

これまでマヒワに出会ったことにない場所でマヒワの群れに出会いましたがこちらもそろそろ旅立つのでしょう。

ちょっと怖い顔に似合わず可愛い声のシメは桜の花をついばみ、この地での最後を楽しんでいるようでした。

ハシボソガラスは営巣を始め、ツミも盛んに鳴いていました。そろそろ繁殖の季節なんですね。

探索コースには数種類の桜があり、散るものあり、これから咲くものありとまだまだ楽しめます。様々な色の花が芽吹き、心を癒してくれます。また新緑が眩しくなり、だんだんと鳥を見つけるのが難しくなっていきます。

もうしばらくしたらキビタキやオオルリに出会えるでしょう。楽しみです。

チョウゲンボウに感動し、多摩川で春を感じる

今日は足を伸ばして午前中にチョウゲンボウに会いに有名な場所へ、午後は多摩川へ出かけ、鳥と春を満喫した。

チョウゲンボウに会いに出かけた場所はとても有名で私が到着した時には10名ほどのカメラマンがいてチョウゲンボウを撮影していた。

しばらく撮影していると雌が鳴き始め、そこに雄が飛来し交尾が始まった。その後は木の上でジッとしていたり、上空を飛んだりしていた後、もう一度交尾の場面を目撃した。チョウゲンボウ撮影の合間にメジロ、オオアカハラ(たぶん)、ジョウビタキ♀、アオジ、ムクドリ、オナガ、シメなどにも出会えた。

野鳥の交尾を初めて見ました。新たな命が授かり、大空を羽ばたく日が来るといいですね。

チョウゲンボウを堪能した後は多摩川へ行き、暖かな日差しの物と鳥を探した。ハクセキレイが多く、春を唄いながら飛び交っていました。聞き慣れない声の主を捜すもなかなか見つからず、見つけた鳥も名前が分からずといった状態でした。

ツバメも飛び始め、季節の移り変わりを感じ、ヒバリの歌を聴きながら多摩川を後にしました。

※画像をクリックすると全体を表示します。

チョウゲンボウの交尾をビデオで偶然撮影出来ました。