「コサギ」タグアーカイブ

冬鳥はまだまだですね

今日は午後からいつもの探索コース+αで野鳥を探した。ツグミ、シロハラ、シメには出会えず、ほぼいつものメンバー的な鳥たちに出会ったがハシボソガラスがやけに多かった感じがした。

多くの野鳥達の活動は餌を探し、それを懸命に食べるという印象だった。がんばれ、野鳥達。

※画像をクリックすると全体を表示します。

再び多摩川で春と鳥を楽しむ

雲一つない晴天になった今日、再び多摩川へ出かけ春の日差しと鳥たちを楽しんだ。今日も多くの鳥に出会え、先日名前の分からなかった鳥にも出会えた。やっとオオジュリンとベニマシコ♀だということが分かった。

暖かな日差しの下、誰もいない河原でウグイスのさえずりを聞きながらのおにぎりのお昼はとても美味しかったですね。

※画像をクリックすると全体を表示します。

当たりを警戒し静かに振る舞うヒバリの映像。

春の兆しを感じる

暖かな日差しの下で野鳥探索に出かけ、鳥たちにはあまりで会えなかったが春の兆しを感じてきた。

あと一月もしたらお別れになるジョウビタキ、ルリビタキ、シメたちに出会い、セグロセキレイやシジュウカラは春の訪れを唄っていた。コブシの花が咲き始め、梅の花には蜂が蜜を厚めにやってきていた。こちらも春を告げていた。

身近な鳥たち

午前中にいつもの探索コースで野鳥を探した。目新しい鳥はいなかったけれど鳥たちのいろいろは姿を観察できた。

※画像をクリックすると全体を表示します。

ルリビタキ♂がやってきた

ルリビタキに会えないかな?と思いながらいつも野鳥探索コースに出かけました。

全般にあまり鳥に会えた感じはしませんでしたが待望のルリビタキ♂に出会えました。昨シーズンに出会った羽根の毛羽立ったルリビタキ♂と同じ個体のようです。またこれから毎回会えるでしょう。午後に出会ったコサギは堰で飛び跳ねる小魚を狙うという代わった方法で食餌をしていました。

もう少し鳥に出会えるかと思ったのですがこんな日もありますね。明日はコースを少し変えてみるかな?

セグロセキレイの散歩。

雨の中、忠生公園へ

台風接近の影響で雨が降る中、忠生公園へ行き、先日購入したα55での野鳥撮影に挑戦した。レンズはこれまで使ってきているレフレックスレンズのSAL500F80を使った。

さすがに公園を利用する人はいなかった。出会えたのはコサギ、キセキレイ、カルガモ、ヒヨドリだった。

以前、オシドリに出会った池でコサギが枝に留まり、雨に打たれていた。キセキレイはいつものように尾を上下に揺らしている。

Apertureを使って撮影した画像ファイルを管理・編集しているがα55のRAW形式にはまだ対応していないのでカメラ添付のソフトウェアを使って現像した。

α55には動画撮影機能も搭載されているのでキセキレイを撮ってみた。

多摩川にて

好天、強風の中聖蹟桜ヶ丘近辺の多摩川を探索した。日差しは強かったが風に吹かれほどよい感じだった。

トビ、カルガモ、カワウ、コサギ、ダイサギ、アオサギ、ツバメ、ヒヨドリ、ムクドリに出会えた。盛んに囀りながら同じ場所を飛び続ける鳥に出会えたが種類ははっきりと分からずじまいだった。飛んでいる鳥の撮影はやはり難しい。素早くピントを合わせられればいいのだが。カワウの大群には驚いた。