「クルミ」タグアーカイブ

合歓木が咲き、梅雨の湿気に誘われキノコが元気

久しぶりにいつもの探索コースに出る。あいにくの曇天、林の中は暗かった。ホトトギスの声は聞こえたがその姿は未だ見られずといった状態。キビタキも囀っているがこちらも姿を見つけられず。そんな中、流石に梅雨なので湿気も多いということでキノコ類が元気な姿を見せていました。

ユリと間違えそうなカンゾウの花が鮮やかな色で咲き、優しく柔らかな合歓木の花も咲いていました。

もう少し鳥たちに出会えると良かったのですがもう少し足を伸ばさないといけないかなと思ったりする。

※画像をクリックすると大きな画像を表示します。

雨の中、花を楽しむ

台風2号の影響で雨の降る中、ホトトギスがいないかなと耳をそばだてながらいつの探索コースを歩いてみたがホトトギスには出会えなかった。その代わりに木々の花を楽しんだ。

よく見ると派手さはありませんが小さな花がいろいろと咲いていて白い花が多いですね。その場で名前の分からない花があるのが残念です。

山桜の実はサクランボウのように色づいているのですが以前試しに食べようとしましたが苦くて食べられませんでした。残念。

クルミも実が付いていて秋にはまた食べられるなぁと思ってしまいました。

※画像をクリックすると全体を表示します。

春の彩りを楽しむ

風の強い朝でしたが暖かな日差しの中、いつものコースで野鳥と春の花々を楽しみました。

どれ位冬鳥に会えるか注意深く見てみましたがジョウビタキ、ルリビタキはもう旅立ってしまったようです。ツグミはまだ沢山いてもうしばらくはいそうな感じでした。

これまでマヒワに出会ったことにない場所でマヒワの群れに出会いましたがこちらもそろそろ旅立つのでしょう。

ちょっと怖い顔に似合わず可愛い声のシメは桜の花をついばみ、この地での最後を楽しんでいるようでした。

ハシボソガラスは営巣を始め、ツミも盛んに鳴いていました。そろそろ繁殖の季節なんですね。

探索コースには数種類の桜があり、散るものあり、これから咲くものありとまだまだ楽しめます。様々な色の花が芽吹き、心を癒してくれます。また新緑が眩しくなり、だんだんと鳥を見つけるのが難しくなっていきます。

もうしばらくしたらキビタキやオオルリに出会えるでしょう。楽しみです。