「カワラヒワ」タグアーカイブ

今日出会った野鳥達

代休を取った午前中にいつもの探索コースで野鳥を探した。

ツグミやシロハラに出会えるようになったがルリビタキの雄はどこへ行ったんだろうと言うぐらいに出会えないのが残念。木の枝を突き、餌の虫を懸命に探していたコゲラの後頭部の赤い羽が双眼鏡やファインダー越しにはっきりと見えました。

「ジッジッ」と声はすれどなかなか姿を見せないウグイスは日当たりのいい場所に出てきて食事をしていました。

2月も半分以上が過ぎ、少しずつ春の気配を感じるようになってきました。ふゆどりにあえるのはあと二月くらいでしょうか無事に過ごしてくれるといいですね。

※画像をクリックすると全体を表示します。

風の強い日曜に出会った野鳥達

風が強く、寒い一日でした。ようやく沢山のツグミに出会えましたがまだ木の高い枝の上に留まっていましたね。雪が降るのも遅かったのも影響しているのかな。しかし、自分の探索エリアでシメに出会えませんね。ルリビタキも最近、出会えてませんね。これから会えることを祈りたい。
※画像をクリックすると全体を表示します。

連休最後の日に出会った野鳥達

連休最終日の午前中、にいつもの探索コースを散策しました。短い時間だったのでしっかりと探索できていませんがいつものメンバーに出会えました。

昨年末に出会ったゴイサギはいつものように首をすぼめてじっとしていました。いつまでいてくれるのでしょうか?

ジョウビタキ♂が明るい日差しの下に出て、存在をアピールするかのように鳴いていました。明日以降もいてくれるといいのですが。

ツグミやシロハラ同様にルリビタキに出会えません。昨シーズン、翼で会えていた場所では全く声も聞こえません。三期連続で会えていた個体がどうなったのか心配です。

※画像をクリックすると全体を表示します。

春の彩りを楽しむ

風の強い朝でしたが暖かな日差しの中、いつものコースで野鳥と春の花々を楽しみました。

どれ位冬鳥に会えるか注意深く見てみましたがジョウビタキ、ルリビタキはもう旅立ってしまったようです。ツグミはまだ沢山いてもうしばらくはいそうな感じでした。

これまでマヒワに出会ったことにない場所でマヒワの群れに出会いましたがこちらもそろそろ旅立つのでしょう。

ちょっと怖い顔に似合わず可愛い声のシメは桜の花をついばみ、この地での最後を楽しんでいるようでした。

ハシボソガラスは営巣を始め、ツミも盛んに鳴いていました。そろそろ繁殖の季節なんですね。

探索コースには数種類の桜があり、散るものあり、これから咲くものありとまだまだ楽しめます。様々な色の花が芽吹き、心を癒してくれます。また新緑が眩しくなり、だんだんと鳥を見つけるのが難しくなっていきます。

もうしばらくしたらキビタキやオオルリに出会えるでしょう。楽しみです。

再び多摩川で春と鳥を楽しむ

雲一つない晴天になった今日、再び多摩川へ出かけ春の日差しと鳥たちを楽しんだ。今日も多くの鳥に出会え、先日名前の分からなかった鳥にも出会えた。やっとオオジュリンとベニマシコ♀だということが分かった。

暖かな日差しの下、誰もいない河原でウグイスのさえずりを聞きながらのおにぎりのお昼はとても美味しかったですね。

※画像をクリックすると全体を表示します。

当たりを警戒し静かに振る舞うヒバリの映像。