「カワウ」タグアーカイブ

今日もアオバズクの親子に出会う

今日もアオバズクの親子に会ってきました。昨日のように子ども達がまとまって留まってはいませんでしたが幼鳥の愛くるしい仕草を観察できました。流石にフクロウだけあって首がぐるっと回りますね。

アオバズクを堪能した後、都県境の川沿いを南に向かって自転車を走らせましたが出会えたのはハクセキレイの親子、カルガモ、まだ青さの足りない若いカワセミ、カワウ、沢山のムクドリといったところでした。夏らしい天候だったので汗だくになり、更に手足が赤く日焼けしてしまいました。

※画像をクリックすると全体を表示します。

町田と八王子の境目で野鳥探索

春のような日よりの下、自転車で移動しながら町田と八王子の境目付近で野鳥を探した。

ツグミ、ジョウビタキ、マヒワといった冬鳥達はまだ旅立っておらず、その姿を見せてくれた。多くの鳥たちが餌をついばむの一生懸命なのが印象的だった。

※画像をクリックすると全体を表示します。

ルリビタキ♂がやってきた

ルリビタキに会えないかな?と思いながらいつも野鳥探索コースに出かけました。

全般にあまり鳥に会えた感じはしませんでしたが待望のルリビタキ♂に出会えました。昨シーズンに出会った羽根の毛羽立ったルリビタキ♂と同じ個体のようです。またこれから毎回会えるでしょう。午後に出会ったコサギは堰で飛び跳ねる小魚を狙うという代わった方法で食餌をしていました。

もう少し鳥に出会えるかと思ったのですがこんな日もありますね。明日はコースを少し変えてみるかな?

セグロセキレイの散歩。

多摩川にて

好天、強風の中聖蹟桜ヶ丘近辺の多摩川を探索した。日差しは強かったが風に吹かれほどよい感じだった。

トビ、カルガモ、カワウ、コサギ、ダイサギ、アオサギ、ツバメ、ヒヨドリ、ムクドリに出会えた。盛んに囀りながら同じ場所を飛び続ける鳥に出会えたが種類ははっきりと分からずじまいだった。飛んでいる鳥の撮影はやはり難しい。素早くピントを合わせられればいいのだが。カワウの大群には驚いた。

暑くなりました

暑くなってきましたね。明日からはまた気温が下がるようですが。

早起きをした割には野鳥探索に出かけるの遅くなってしまい、あまり鳥たちには出会えませんでした。いつも出会っているツミが静かに林の中でジッとしていました。シジュウカラ、エナガ、ヒヨドリ、ハシボソガラス、オナガに出会えました。

ヤマガラの幼鳥にも出会えました。盛んにさえずり、親から餌をもらっているようでした。

境川を北へ

今日は午後から野鳥を追った。いつものコースの緑道は花見の団体で騒がしかったので葬送に切り上げ、境川へ。いつもは町田方面へ南下するのだが今日は橋本方面へ北上してみた。

いつものコースではカワラヒワ、ツグミ、ホオジロ、カシラダカに出会いました。

境川にはカルガモ、コガモがたくさんいた。それ以外に出会えたのはセグロセキレイ、ハクセキレイ、キセキレイ、キンクロハジロ、カワウ、コサギ、ヒヨドリ、ムクドリ、モズ♂♀、カワセミ♀、アオジでした。キンクロハジロがいるとは思いもしませんでした。

晴天下の野鳥撮影は気持ちがいい

久しぶりに晴天になった休日の今日、午前中は子供マラソン大会のお手伝いで鳥を追えなかったが午後は車の再点検があり、その間、ディーラー近くにある大栗川で野鳥探索した。やはり晴天が一番、気持ちいいですね。

出会えたのコサギ、ダイサキ、カワウ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、コチドリ、ツグミ、ムクドリ、スズメ、コガモ♂♀、マガモ♂、ハシボソガラスでした。写真はコサギが中心です。