酒匂川で野鳥探索

地元野鳥の会の探鳥会で酒匂川へ行ってきました。ほどよい日和で日焼けしました。

探索したのは小田急線開成駅近くにある酒匂川の堰の近辺から小田原市総合文化体育館近辺までで、出会えたのはキアシシギ、コアジサシ、カワラヒワ、オオヨシキリ、セッカ、カワウ、カルガモ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、カワセミ、コジュケイ、キジ、チュウサギ、アオサギ、アマサギ、イソシギ、シジュウカラ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、コチドリ、ツバメ、イワツバメ、スズメ、キジバト、チョウゲンボウ、ヒバリ、ヒヨドリ、ムクドリ、ドバト、ガビチョウの30種でした。

最初の堰近辺ではアオサギが多く、何カ所かでオオヨシキリが元気に囀り、田植え前の水を張った田んぼにはアマサギの姿がありました。また、初めてコアジサシにも出会え、独特なホバリングの姿勢から水面への降下を繰り返している場面を観察できました。

※画像をクリックすると全体を表示します。

 

今日も自宅近くでキビタキ♂に出会う

GW最終日の朝、自宅近辺の探索コースでキビタキに出会えることを期待しながら野鳥を探す。

少し鳥が少ないかなぁと感じ、毎年キビタキの来ている林では声はすれど姿を見つけられずという状況。ここにいるキビタキは恥ずかしがり屋なのかな?ヤマガラの鳴き方が印象的だった。

自宅近くまで戻ってくると一昨日とほぼ同じ場所でキビタキ♂に出会えた。先日と同じ個体かどうかは分からないがこちらのキビタキは出たがりなのかな?

本日確認できたのはウグイス(声のみ)、エナガ、オナガ、ハシボソガラス、アオゲラ(声のみ)、コゲラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、キジバト、キビタキ、ヒヨドリ、アオジ(声のみ)、ムクドリ、メジロ、ガビチョウ、コジュケイ(声のみ)の17種。

沢山いたソウシチョウは何処へ行ったのだろうか?

※画像をクリックすると全体を表示します。

青虫を捕まえたキビタキ♂

自宅近くの林からキビタキの声が聞こえてきたのでカメラと双眼鏡を持ち、慌てて家を飛び出してその姿を探した。声のする方に目をこらしてその姿を探すが見つけられず、やがて声が聞こえなくなる。諦めずにまた声がしないかと待っていると飛び立つ鳥の姿が見えたので双眼鏡で確認するとキビタキ♂だった。餌の青虫を捕まえて食べようとしているところだった。その後、姿を見失ったがその姿をはっきりと捉えられました。しばらくはこの値にいてくれるのかな?

※画像をクリックすると全体を表示ます。