町田と八王子の境目で野鳥探索

春のような日よりの下、自転車で移動しながら町田と八王子の境目付近で野鳥を探した。

ツグミ、ジョウビタキ、マヒワといった冬鳥達はまだ旅立っておらず、その姿を見せてくれた。多くの鳥たちが餌をついばむの一生懸命なのが印象的だった。

※画像をクリックすると全体を表示します。

自宅近辺の野鳥たち

ツミやジョウビタキの声が聞こえる朝、短い時間で野鳥を探す。

昨日からツミの鳴き声がハッキリと聞こえるようになってきた。一昨年は近くの桜並木で営巣していたがそのとき生まれた子が来たのだろうか?また営巣を見られるといいのだが。

用心深いカワラヒワ、カシラダカが餌をついばんでいた。うちの近くにもいたんですね。

徐々に春の陽気になり鳥たちの活動も少しずつ変わってきたように感じる。そろそろ冬鳥達はいつ帰ろうかと考えているんだろうな、と思ったりする。

※画像をクリックすると全体を表示します。

ツミの鳴いているところの動画です。

少しだけの野鳥探索

穏やかな天候の下心の奥底にくすぶる小さな不安を抱えながら短い時間だがいつものコースで野鳥を探すが冬鳥には出会えず、よく出会うシジュウカラ、ヒヨドリ、コゲラ、ヤマガラなどの鳥たちにしばし癒された。

いつも野鳥は可愛いね

振替休日の今日、幾つかの公園を回り野鳥を探しました。午前中は手袋が必要でしたが午後は暖かく、手袋は不要でした。

出会えた鳥たちは決して珍しい鳥たちではないがその様々な表情を見せてくれました。だんだん暖かくなり、冬鳥達はいつ帰ろうか考えているんでしょうね。あと一月ぐらいでまたお別れですね。

※画像をクリックすると全体を表示します。

シジュウカラの食餌の様子をビデオに撮りました。カメラの操作音の方が大きいのが玉に瑕。

春の兆しを感じる

暖かな日差しの下で野鳥探索に出かけ、鳥たちにはあまりで会えなかったが春の兆しを感じてきた。

あと一月もしたらお別れになるジョウビタキ、ルリビタキ、シメたちに出会い、セグロセキレイやシジュウカラは春の訪れを唄っていた。コブシの花が咲き始め、梅の花には蜂が蜜を厚めにやってきていた。こちらも春を告げていた。