久しぶりのアオゲラ、初めてのモズの雌

今日も朝から野鳥撮影に出かけました。まずは自宅前の畑でジョウビタキの雌に出会いました。最近よく現れるようになりました。お気に入りなのかな?

畑に差してある細い竹などの杭に留まっては地面に降りて何かをついばんでいます。

 




いつものコースをと思って緑道にはいると聞き慣れない鳴き声がするのでそちらへ行くと鳴き声の主ではないアオゲラを発見しました。気づかれて逃げないようにゆっくりと歩を進め、何とか撮影できました。

頭頂部には独特の赤い羽根がはっきり見えます。

さえずりをデジカメのムービー録画機能で撮影しました。アオゲラの姿がはっきり見えないのが残念。

この後コジュケイに出会うも、シャッターを切るタイミングを与えてもらえませんでした。その後、別コースへ進むと二日続けてモズに出会えました。しかも、初めてモズの雌にも出会えました。

モズの雄は鋭い眼差しを見せてくれました。



つがいなのかは分かりませんが雌もすぐ近くにいました。

オナガの群れに出会いましたが、鳴き声はすれど姿を確認できず、何とか撮影したのがこれです。

シジュウカラはいつも元気にうたっていました。

こちらも歌声を録画しました。

「久しぶりのアオゲラ、初めてのモズの雌」への2件のフィードバック

  1. 私のブログも訪問頂き、ずいぶんたくさん見て頂いたご様子、恐縮し感謝致します。
    この記事のように身近な鳥を愛でる様子に共感致します。

  2. 春分さん、コメントいただき、ありがとうございます。
    身近な鳥たちのいろいろな表情や仕草をこれからも撮っていけるといいなぁ思っています。

コメントを残す