雪降る中の野鳥撮影

無謀にも雪が降る中、野鳥撮影に近所の緑道へ出かける。一面雪に覆われ、別世界。私以外に出歩いている人はいませんでした。

ハシボソガラスが電柱でじっとしています。

さえずりが聞こえ、シジュウカラ、エナガなどが確認できました。傘を差しながらの撮影、ちょっと大変です。

ちゃっんと撮れたつもりでしたが、エナガです。水滴に姿が映り込んでいます。

アオジのさえずりも聞こえ、姿を現すのを期待していると、路面に出てきてくれました。

カワセミのいる池にはカルガモが寒そうに湖面を漂っていました。カワセミの姿を確認できましたが、見えないところへと飛んでいってしまい、撮影できませんでした。

ハトはなにやらついばんでいました。

ツグミは寒そうに枝に止まっていました。

明日の朝はどんな状況になっているでしょうか?凍結は嫌だな。

「雪降る中の野鳥撮影」への5件のフィードバック

  1. 雪の中お疲れ様でした。
    風邪をひかぬよう気をつけてくださいね。

  2. ガンバルおやじさん、ありがとうございます。
    暖かくして寝る事にします。

  3. Kazuさんも、昨日雪の中、がんばりましたね。
    滅多にあることではないので、がんばるだけの価値がありますよね。
    私は、雪の中で、野鳥はどうしているのかなと、半分好奇心からさ杖いに出かけました。
    これからも、いろいろな場面で野鳥を撮っていき、いろいろな表情の野鳥を見たいと思っています。

  4. ita-sanさん、ありがとうございます。
    雪中の撮影、意外と寒さを感じず、普段とは違った感覚で高揚していました。
    小さな野鳥のたくましさを感じられました。
    お互い、野鳥のいろいろな面を見つけられるよう頑張りましょう。

コメントを残す