初めて出会う野鳥たち

週休だった今日(明日は仕事です)、ちょっと足を伸ばして八王子の長池公園と八王子と町田にまたがる小山内裏公園へ野鳥撮影へ出かけた。キクイタダキなどに初めて出会えた。

まずは寒かったのかちょっと丸まって見えるツグミと出会う。

小さな松の木で見慣れぬ小さな野鳥が元気に幹と枝、枝と枝の間を移動していた。なかなかうまく撮影できなかったが、撮影した画像を見てキクイタダキだと分かった。




肉眼でもはっきり見えたら良かったのだが、残念。

今日はホオジロやジョウビタキの雌に何度も出会った。



公園には10人程度の野鳥撮影の人がいた。私のように歩き回って撮影している人はおらず、皆さん三脚にカメラを固定し、野鳥が現れるのを待っている。凄いなぁと感心してしまう。そんな中、初めてベニマシコに遭遇する。公園内の歩道脇の木に留まっていたが、太陽や枝の関係でなかなかいいポジションを取れずに四苦八苦して何とか撮影するもピンぼけだったり、枝かぶりだったりとうまくいかない。



そうこうしているうちに数人が集まってカメラを向ける状況になっていた。このすぐそばではアオジが路面に姿を現し、餌をついばんでいた。

そろそろこの公園を後にしようと駐車場へ向かう途中でだいぶ離れた木に大きな鳥が止まっているのに気づき、撮影する。距離もあり、うまく撮影できなかったが、脱糞している瞬間が撮れた。オオタカなのかなと思う。

次に向かった小山内裏公園ではまず、凍結した水面を歩くセグロセキレイに出会う。冷たくないのかな?

カワラヒワにも出会うが、すぐにどこへと飛んで言ってしまった。

その後、ルリビタキの雄に出会えた。雌には出会っていたが、初めて雄をしっかりと目にする事ができた。撮影しているときは雌雄をはっきり区別できなかった。

コメントを残す